ToraWell

美味しい食べ物と健康、快眠をテーマとしたサイトです。ネコ関連情報も公開しています

φ(-ω- ) 番外編・水引きアクセサリーを作った

小さな水引きをレジンでコーティングしたイヤリング

何でも一度はやってみようと思うので、イヤリングを作ってみた。最近なのかどうかは知らないが、発泡スチロールのボールを紙ナプキンでくるんで、その上からレジンという樹脂の液体でコーティングし、アクセサリにすることが流行っている。ABCマートとか手芸用品店でもコーナーが作られていて、色々なグッズやアクセサリーパーツも売られている。嫁さんがこれに興味を持ち、私に作れというので、試しにやってみた。
こういうのである。↓

やってみた!

パーツを買ってきた。イヤリングの台座は、ピアスの物もあればクリップで止めるタイプもあり、細いワイヤで止めたり、歯止めを曲げて取り付けることが出来る。イヤリングだけでなくピン止めやリングなど色々なパーツが売られている。飾るためのパールのボールやビーズとかもある。別にパーツでなくても小さなカラフルなボタンだとか何でも良いのである。で、私が使ったのが水引き。水引とはご祝儀を渡す熨斗袋についている飾りの素材。紙の紐をカラフルなフィルムや紙で巻いたもので、編んで飾りをつくるあれだ。赤、白など単純な色だけでなく、パールカラーやオーロラフィルムなど様々な色合いが用意されている。それを使って基本の結びを2つ作った。その上からパールの小さなボールやビーズなどをクリアボンドで接着。
で、この上からレジンを塗りコーティング。コーティング後は紫外線を当てると固まるのだが、晴れた日に外に出しておくか、専用の道具で紫外線を当てる。わが家の場合は、嫁さんのネイル用の機械を使う。指に紫外線を当てるあれである。

意外と固まらないレジン

レジンというの液体は、手芸用品店でも売られているし、100円均一のお店でも売られている。いくつかタイプがあって、固まるスピードも違う。固まる時間が長いものも早いものもあり、一度試して比較してみる方が良い。
違う色の水引きを使ってピン止めも作ってみた。台座が違うだけで作り方も同じ。今度は結び目を少し大き目にして、水引きの両端を長めにカットした。

カリグラフィーに水引きを添えても良いけど、アクセサリにあしらっても良いんじゃないだろうか(^o^)
ちなみに100均でも買えるこのレジン液だが、セリアの物が評判が良い。元から色がついているカラーのレジンもあり、中に写真を埋めて方に入れて固めてネックレスのトップにしたり、イヤリングにしたりもできる。セリアはこういったアート作品用の素材もたくさん用意されていて、100円なのでとてもありがたい存在である。
試しに何か作ってみても楽しいと思う。

特集記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

サイトマップ

ToraWell

Copyright© ToraWell , 2021 All Rights Reserved.