ToraWell

美味しい食べ物と健康、快眠をテーマとしたサイトです。ネコ関連情報も公開しています

(=^・^=) ネコも歳をとると毛繕いしなくなる ヘアケア、マウスケア

老化による体調の変化、行動の変化


ネコちゃんが年をとってくると、行動が大きく変わってきます。老化による体調の変化もあり、悲しいことですが、ケアをしてあげないといけません。
まず、体調的な変化ですが、我が家のTORAの場合は食べる量が少なくなります。元々、食事も朝に固形のエサを与えたら1日持つほどで、夜に60g程度のレトルトの食品をあげたら満足する程度でした。人間の晩御飯のおかずをもらうのも大好きですが、お刺身だとか食べれる範囲で少し上げていた程度でした。歳をとり、20歳に近づいてきたら、固形のエサも1日に食べる量も減り、晩に食べるレトルトも残るぐらいです。人間の晩御飯のお裾分けは楽しみにしていましたが、以前に比べてそんなに食べなくなります。
人間もネコちゃんもそうですが、高齢になってもたくさん食べることが出来るのが元気の証拠です。
次に耳が遠くなってしまいました。私が会社から帰ってくると、ドアを開けたら目の前にいることが普通でしたが、耳が良く聞こえないようで、玄関の電気が点いたら、にゃあにゃあ鳴きながら迎えに出てきてくれました。エサの時に呼んでも向こうを向いているので、餌を入れた茶碗を目の前に持っていかないと気付かないほどです。以前は、TORAのいない部屋でパンを食べていたら、臭いでやってくるほどだったので、TORAの老いを感じました。
それに加えて、以前は頻繁に行っていた毛繕いをしなくなってしまいました。TORAが18歳のころ、背中やおなかに毛が固まっているのに気付きました。ネコちゃんも夏の前や冬の前になると、毛が抜け替わりますが、毛繕いが出来ていないせいか、細い毛がからまりあって玉のように固まってしまいました。これが結構大変で、お風呂に入れて洗ってあげたらほどけると思って、風呂に入れましたが、固まってしまった毛玉はほどけることはなく、じっくりとブラシをしたりして、ようやくほぐすことが出来ました。

健康面だけでなく、ヘアケアも大事


ネコの場合、シリコン製の柔らかい素地で撫でてあげることで、柔らくて細い毛をからめ捕り、毛の抜け替わりを助けてあげる必要があります。一度毛が固まってしまった後の毛繕いはネコちゃんにとっても苦痛のようで、我が家のTORAも嫌がっていました。年老いたネコちゃんのヘアケアは飼い主さんが、管理してあげることが大事です。事前いヘアケアをこまめにすると、マッサージ効果もあってネコちゃんも気持ち良く、身をまかせてくれるのです。

ネコちゃんは、当たり前ですが言葉が話せません。様子をよく見て、体調を見て食事もヘアケアも気を付けてあげないといけませんね。

歳をとると麻酔が出来ない

下の写真は、TORAが歳をとって、歯の根元が化膿した時の写真です。葉の根元が膿むと、口の中でなく頬の側に炎症を起こし、外に出てくる状態になります。若いネコならば麻酔をして抜歯したりできるのですが、人間と同じで麻酔が出来なくなります。麻酔に耐えられなくて命を落とすことになり兼ねないからです。TORAの場合も獣医さんに行って抗生物質を処方してもらい炎症を抑えることで治しました。元から治しているわけではないので何度か獣医さんのお世話になりました。

でも、ワンちゃんやネコちゃんの歯磨きは大変です。そう簡単には歯磨きなんてさせてくれません。
ネコちゃんが喜ぶような工夫が必要です。人間の赤ちゃんと一緒で慣れさせないといけませんが、ご褒美感覚が必要です。下の商品は鶏肉の香りを付けたり、猫が喜ぶ香りや味を付けている商品です。今季は必要ですが、歯磨きも習慣づけておくことでネコちゃんの健康につながります。

【国産】犬猫用歯磨きペースト チキンフレーバー

ヴォイス 猫にやさしいトリーツ 歯磨きサポート


歳をとるのは寂しいことですが、すべての動物は老化には逆らえません。大切な家族であるネコちゃんも、家族が気にしてあげることが本当に大事ですね。(*^_^*)


特集記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

サイトマップ

ToraWell

Copyright© ToraWell , 2020 All Rights Reserved.