ToraWell

美味しい食べ物と健康、快眠をテーマとしたサイトです。ネコ関連情報も公開しています

♪O(^▽^*) 癒しの音 1/fのゆらぎ


まずは、Wikipediaの説明はこう書いてある。

1/fゆらぎ(エフぶんのいちゆらぎ)とは、パワー(スペクトル密度)が周波数 f に反比例するゆらぎのこと。ただし f は 0 より大きい、有限な範囲をとるものとする。
ピンクノイズはこの1/fゆらぎを持つノイズであり、1/fノイズとも呼ばれる。自然現象においても見ることができ[1]、具体例としては人の心拍の間隔、ろうそくの炎の揺れ方、電車の揺れ、小川のせせらぐ音、目の動き方、木漏れ日、蛍の光り方などがある。また物性的には、金属の抵抗、ネットワーク情報流が例として挙げられる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

規則的な波形と不規則な波形が調和した状態を1/fゆらぎと呼ぶそうだ。Wikipediaの説明を読んでも私のような人間にとっては、何のことかさっぱりわからない。
複数のSIN波を重ね、SIN波の値を合算したグラフが赤い線であり、全ての音の要素はSIN波であり、それが集まってゆらぎが生まれるのだとか。やっぱり分かったような分からないような((+_+))

ともかく、せせらぎや波の音、雨音には1/fのゆらぎの音が含まれていて、こういった音を聞くと心が安らぐそうだ。
水の音というのは確かに安らぐ音だと思いますね。
昔々、山口百恵さんが人気絶頂のアイドルの頃、雨の日の光景が好きと言っていた記憶がある。少し影があって、儚さそうな雰囲気もあり、やっぱり百恵ちゃんだなぁ、と変な感心をしたことがある。雨の音はあっても静けさを感じる光景は、さみしさも感じるが落ち着きも感じる。心が穏やかになる光景だ。

濡れたアジサイの花。葉や花びらに雨粒が乗った姿は、美しい。雨というのは、浄化のイメージもあり、心癒される音であり風景だ。雨音の1/fのゆらぎだけでなく、静けさを感じる色合いは落ち着きhがあって、心穏やかにさせてくれる。


人が聞こえる音とというのは周波数が、20Hz~20kHzの範囲だそうだ。自然の中の音はこれより高周波数の音が存在するが、人間は関知できているらしい。そういった高周波数の音が安らぎを与えてくれるようで、せせらぎの音などを聞くと心穏やかになるわけだ。
自然の中を歩くと心が癒されるのは、空気や光景だけでなく、鳥のさえずりやせせらぎの音を耳にして1/fのゆらぎや高周波の音がリラックスさせてくれる。



海のさざなみの音もせせらぎと同じように1/fのゆらぎを含んでいる。さざなみの場合は強弱のある並みの優しい音の波が聞こえるのでそのリズムが心に響くのだろう。私の好きな歌手に南佳孝さんがいるが、かれのアルバムに「忘れられた夏」というアルバムがあるが、さざ波の音はもちろん、アルバム全体が1/fのゆらぎにあふれていて、心穏やかになる良いアルバムだ。


南佳孝の記事はこちら

カテゴリー

アーカイブ

サイトマップ

ToraWell

Copyright© ToraWell , 2020 All Rights Reserved.